ポイントなしサクラなしで出会えるサイト

出会いについては、相手が何人かの人と繋がっていることもあるんですよ。

そんな時、そのライバルたちより前へ抜け出せるように、より良い印象を与えられるメールの作成方法があるんです。

例えば、文章をだらだらと続けざまに打ってしまわないように。
ほどよく文章の境目で改行していくとよいでしょう。
改行一つにしても「この人はメールをするだけでも気遣いのできる人なんだ」って好印象を与えることができます。
相手が読みやすいと感じる文章を作ることが第一です。

また、初めてのメールでやりがちな「初めまして」や「こんにちわ」は使わないように。
みんなと同じだと思われてしまうだけではなく、スパムメールだと思いこまれてしまうかも。

相手のプロフィールを頭に入れて、相手の趣味やファンである有名人などの名前をちょっと足してみたらいいでしょう。
あと文面ですが、漢字ばかりのお堅いメールや、反対にカタカナやひらがなばかりのメールも良くありません。

漢字だらけの文章は流されてしまうことが多いですし、カタカナだらけの文章は暗号ばりに解読しにくくなります。
ひらがなばかりの文章はのんべんだらりとした感じに受け取られてしまいます。

ちょっとひねるんです。
例えば漢字だと少し冷たい感じに捉えられそうな言葉でも、カタカナで表現すると可愛い感じに変わったりします。

「きついね」も「キッツイね~☆」に変えると、ちょっとコメディチックになって、ユーモアのセンスもある人だなって思われます。

自分がいつもしゃべっている言葉をそのまま活字に変えるだけだと思えばいいんです。
また、メールにだって気遣いはいるんです。

男性も女性もマメな人が好かれるのは今も昔も同じです。

土砂降りの雨なら「凄く降ってるねぇ」、寒かったなら「寒い日だったね」と伝えましょう。

でも、「大丈夫なの?!」とか「体大事にしてね」なんて相手を気にしすぎているようなメールはダメ。
口うるさい母親のような存在に見られ嫌煙されてしまいます。

あと、ひたすら毎日メールを送り続けるのも良くないでしょう。
突然メールを止めて、相手に「あれ?こない・・」なんて自分のことを気にさせるよう上手くリードするのも一つです。

これはあくまでも駆け引きなんだということを忘れないで。

ネカマやサクラに気を付ける

ポイント制なしの無料出会い系サイトで本物の出会いを求めている場合に最大の障害となるのが、サクラでありネカマです。

特にサクラは邪魔をする事を仕事としているプロですからうっかり引っかかったりすると貴重な時間とお金を持って行かれてしまうわけです。

被害にあった男性にとってはダメージが大きいものとなるでしょう。
場合によってはトラウマとなってポイント制なしの無料出会い系サイトから撤退する事にらなるかもしれません。

それだけならまだしも女性不審になるかもしれないでしょう。
サクラとしては、お仕事としてやっている事でしょうが、人を傷つける悪質な詐欺行為であるということを認識してもらいたいですね。

中には、「鼻の下を伸ばしている馬鹿な男に制裁を与えている」なんて勝手な理論で正当化している最低なサクラもいるかもしれませんが、そんな事は小指の爪の先もありません。

人として最低な好意である事を自覚すべきでしょうね。

そんなサクラ批判はおいておくとして、実際にポイント制なしの無料出会い系サイトにはそんな悪党がそんざいするわけですから、利用する側で対策を立てるしかないということになります。

多くのサクラは一見して分かるような稚拙なものですから、気をつけていれば見つけられます。

入会して直ぐに来るメールはすべてサクラと思って即効で削除して問題はありません。
それ以外のメールですが、写真を送ってくるもの、内容が過激なものはサクラです。

ソフトな内容でも身体の関係というものが感じられるようなメールもサクラです。
とにかく男性として刺激的な内容のメールはすべてサクラだと判断して良いでしょう。

そもそも普通の女性会員が、男性を刺激するようメールを送る必然性はありません。
普通の認識さえ持っていれば、ほとんどのサクラメールは撃退できるでしょう。
もちろん、相手もプロですからそんな事は分かっています。
そんなあからさまなサクラにまぎれて本命のサクラが隠れているのです。

それは直ぐには見破る事はできないでしょう。

運悪くそんなサクラを選んでしまった場合は、何度かのメールはあきらめるしかないでしょうが、気をつけていれば怪しい部分は必ず出てきます。

それを見逃さないようにする事です。

サクラの中にも捨て駒があるということを忘れずに注意してメールをしてください。

相手の好印象を与えてこそ!

まずは読んでもらった相手が、返信したくなるようなプロフィール作りが必要です。
自分がどんな人格で人間なのか、どういう出会いを求めているのか。
学生か社会人か、何の職業に就いているのかなど。
自分を美化せず相手に知って欲しい、理解してもらいたいことを書いておきましょう。

アプローチを待つだけでなく。
気に入る相手を見つけたら、その人のプロフィールも見ておきましょう。
相手が女の子だった場合…。
付き合ってくれるなら誰でもいい、複数の相手にメールを送りまくると理想の相手どころか、女の子たちから警戒されてしまいます。
真剣に恋人探しをしている人の行動とは思えませんし、遊び相手を適当に見つけたいのかと思われるでしょう。

年齢や趣味、職業などをプロフィールに載せている人もいます。
相手のプロフィールをきちんと読んで、自分の理想に近いかどうか確認しましょう。
その情報で理想通りの相手かどうか、すぐに判断出来るわけではありません。
メールのやりとりや、実際に会ってみないとわかりませんから、簡単には見つからないのです。

気になる人を選び、その中から候補を数名に絞っておく必要があります。
真剣にアプローチするなら…。
数送れば当たる、というようないい加減なやり方では、真剣に相手をしてくれる人はほとんどいないでしょう。
相手のプロフィール欄にはメールの内容に書くと、相手との距離を縮められそうなキーワードがいっぱいあります。
その子が興味を持ったり、相手を引き立てる内容をメールに書くことで、少しずつ距離が縮まっていくのです。

最初のメールでは、互いのことについて送りあいますよね。
その時、面白みのない人…と思われると、返信がそれっきりこなくなってしまう可能性があります。

共通の話題などを、相手のプロフィール欄から発見出来ることもありますし。
興味を持ってくれそうな話を送信すると、返信してくれるかもしれません。
文字も言葉と同じなのですから、直接会話をしているように楽しませることが大切です。
そこで好印象を持ってもらえれば、相手との距離が縮まっていき、いずれ直接会ってくれるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする